2010年8月アーカイブ

楢材(ナラ)

zai-nara.jpg■ブナ科コナラ属の落葉広葉樹
産地としては、日本全国に分布しており、中でも北海道産が品質では有名です。用途としては、家具用材・洋酒の樽材・建築材・枕木等に適しています。材としては、重硬で切削などの加工は硬くて割れやすいため困難です。木目の特徴は、柾目に木取ると独特の斑(ふ)が現れ、斑の模様が大きく虎の模様に見えるものを、虎斑(とらふ)といいます。

メイプル材

zai-maple.jpg■カエデ科の落葉広葉樹。

メイプルは欧米では材質は堅く 粘りがあり衝撃に強いため 古くから 家具に多用され、特に鳥眼杢(ちょうがんもく)のあるものはバーズアイメイプルと呼ばれ珍重されてきました。
※アメリカミシガン州北部のバーズアイメイプル・ヘブンと言われる森は2000本に1本の割合で、バーズアイメイプルが存在し 一般的には数万本に一本あるかどうかというほど希少

日本では家具材としての使用は最近で カエデとして建築の方で柱材や角材として使われ、縮み杢(ちぢみもく)や珠杢(たまもく)など特別な杢のものが指物(さしもの)として使われていました。

現在 メイプルは堅さの具合からハードメイプル(メイプルシロップが採れる)とソフトメイプルと呼び分けされる。

経年変化で独特の飴色(あめいろ)となりますがクリアー塗装をすればより一層美しくなります

体にやさしい
化学塗料には有害物質がいっぱいだから健康家具は、体にやさしい植物オイルをつかっています。

一般的な塗料(化学塗料)には、トルエン、キシレン、などが溶剤として多く含まれています。 VOC(揮発性有機化合物)はホルマリンの害についてよく知られていますが、それ以外のVOCにも発ガン性をはじめ体に重大な害をおよぼす危険性があるのです。健康家具は、これらの化学物質を含まない植物油ベースの塗料(植物オイル)をつかっています。しかもこのオイルは食品衛生基準にも合格したものです。

植物オイルだから家具が元気に呼吸。
その調湿力は、化学塗料の10~15倍。

木には「調湿機能」があり、呼吸をすることで空気中の水分を吸収したり発散したりして湿度を"ちょうど   に保ってくれます。しかし従来までの化学塗装では塗料で木の表面をおおってしまうため、せっかく無垢材をつかっても呼吸が台無しです。
KUWAYAの家具は、植物オイルを染み込ませるだけの塗装をしていますので、まさに観葉植物のように木が元気に呼吸しています。湿気による結露も押さえられ、アレルギーや喘息などの原因であるカビやダニも発生しにくくなります。下の表は、化学塗料(ウレタン塗料)と植物オイルで塗装した家具材の調湿力を比較したものですが、どの木材についても植物オイルで塗装したものの方がはるかに調湿性が高いことがわかります。同じ条件で「檜の郷」シリーズの家具(シングルベット)を子供 部屋におくと、3.0リットル以上の水を吸排出することになります。

・化学塗料(ウレタン塗料)と植物オイルの調湿力の比較(単位:g)
 静岡県静岡工業技術センター調べ
試験板
(300mm×300mm×20mm)
試験板重量 水分量の変化
湿度30% 湿度90%
ヒノキ ウレタン塗料 842 847 5
植物オイル 753 794 41
ニレ ウレタン塗料 1064 1068 4
植物オイル 943 1005 62
ナラ ウレタン塗料 1108 1114 6
植物オイル 1221 1271 50
フラッシュ板 ウレタン塗料 729 733 4
植物オイル 693 737 44


体にやさしい植物オイル
健康はおいしい空気から タイトル
今、一般住宅やマンションでは、気密化が進み、 冷暖房効果が向上するなど、暮らしは快適になっ てきていると言われています。その反面、建材等 から発生する化学物質が充満するなど、室内汚染 の問題も出てきています。 人が一日に体に取り入れる空気の量は約20立米。 この数字を重量に換算すると、一日に摂取する 食品のなんと約10倍!室内の空気がいかにクリー ンでなければならないかが理解できます。現在、 室内の空気汚染が原因で、シックハウス症候群・ 化学物質過敏症などが増えていますが、このよう な室内の空気汚染の原因は、実は建材から発生す る化学物質だけとは限らないのです。
健康はおいしい空気から
世界の森が消えている タイトル
今、地球規模の問題のひとつに、木の伐採による砂漠化 があげられます。今のように、世界の木を切り荒らし続け ると、温暖化など地球規模に大きな影響を及ぼします。 しかも、切った木の多くは日本が輸入しているという事実 を皆さんご存じでしたか。日本は昔から、様々な「木の文 化」を重んじる民族ですが、そんな日本文化の源である木 というものの存在に、もっと気を配ってもいいのではない でしょうか?もちろん、木を使用して家具をつくる私たち にとっても大きな問題です。

世界の森が消えている 日本が原因? タイトル

孫の代まで そんな家具づくりをめざしています タイトル
そんな時代の中、私達は、品質・耐久性に優れた「何世代 にも渡って使える家具づくり」を推進し、ひとつの家具を 末永く使っていただくことで、少しでも世界の木の乱伐に 歯止めをかけることができたらと考えています。そして、 新しい取り組みとして、しっかりとした植林管理のもとで 育った木を使いはじめています。日本は、世界でも有数の 植林国ですが、植林管理に関しては、アメリカ・北欧・ ニュージーランドに比べると、管理の面でまだまだ様々な 課題を抱えています。一方では、熱帯雨林をもつアジア諸 国をはじめ発展途上国の伐採は、かなり深刻な状況です。 私達はこの試みを機に、植林管理の重要性をより多くの方 に理解していただければ幸いです。

孫の代まで そんな家具づくりをめざしています

これからは「空気を演出する家具、空気を汚さない家具」 タイトル
私たちは実は、室内の空気汚染が現在のように話題になる前から、この話題に取り組んできました。今から数年前、家具職人さんたちの「健康」を思いやり、家具の製造工程に使用される化学物質を見直し。化学物質を大幅にカットした、ひとつの家具を完成させました。
これが、健康家具の第1号です。職場の空気改善という視点から生まれた健康家具は、皆さまが健康への意識が高まるとともに、デザイン・機能性・サイズ・・・という従来までの家具選びの選択肢のなかに「健康」をプラス。家具の新しい価値観を確立しました。

これからは「空気を演出する家具、空気を汚さない家具」

子供からお年寄りまでみんなが安心して使える家具です
健康な生活は、食と睡眠から。健康家具は、こうした素直な気持ちから必然的に生まれてきた家具です。いろいろお話し
してきましたが、決して特殊な家具ではありません。快適な生活をおくるためには、皆さまのライフスタイルにあった
デザイン・機能なども不可欠ですが、これからの時代、家具の「健康性能」も重要となってくるのではないでしょうか。
成長期のお子様にとって化学物質がいっぱいの環境は、絶対に避けなければなりません。高齢化社会をむかえ、お年寄りにたいしてもなおさらです。子供からお年寄りまですべてのひとが安心して使える。「健康家具」は、いつの時代でも、
そんな家具でありたい・・・・。

子供からお年寄りまでみんなが安心して使える家具です

久和屋 ショールーム

kuwayahonsya.jpg

商品一覧


楢材(ナラ)

zai-nara.jpg■ブナ科コナラ属の落葉広葉樹
産地としては、日本全国に分布しており、中でも北海道産が品質では有名です。用途としては、家具用材・洋酒の樽材・建築材・枕木等に適しています。材としては、重硬で切削などの加工は硬くて割れやすいため困難です。木目の特徴は、柾目に木取ると独特の斑(ふ)が現れ、斑の模様が大きく虎の模様に見えるものを、虎斑(とらふ)といいます。

カテゴリ